人生の折り返し地点 泣くも笑うも自分の人生。 希望と千尋! おとうちゃんの生き方 見ていておくれ。


by imakoso
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

逆境

毎日が憂鬱
長い人生こんなこともあるもんさと笑い飛ばす気持ちすら今の私には持ち得ない。でも、こんなことをここに書き綴る気持ちがあるということはまだ救いがあるのか、まだ心底逆境、憂鬱というには甘いところがある。なんて書き方・・・(ここまで書きなぐったことを何度も読み返していると、まるでそうなることを望んでいるような表現にも聞こえるが・・・まあいいか、決してそうではないのだが。早く立ち直らなければ。)
I常務とはようやく昨日連絡が取れた。私としてはほんの一瞬、気持ち的に少しだけホッとした。しかし、I常務は相変わらず忙しそうだ。私としては盆までに会って話をし、ある程度の方向性を定めておきたいのだが、結局、盆明けに飲みながら話をしようということになった。やはり待つ身、受身の立場はつらいものがある。しかし、これもやむを得ない。ことか。
そういうわけで、昨日、今日で作成する計画にしていた提示資料も手付かずのまま。あまりやる気もおきないのだ。悪循環に陥っている。
こんな状態になってほんとに人間って勝手な生き物だが、やはり、昔のようにバリバリ仕事がしたい。忙しくても、仕事に振り回されているようでも・・・いやそれはちと違うか、でも・・・どう書けばいいんだ。
こんなことでへこたれていてこんな姿を私の分身に見せるのか!馬鹿やろう!こんな姿を見せるためにこんな人生を選択したのか!いやまったく違う。
落ち着いて考えるんだ。
お前にはまだ、まだ支えてくれている人がいるじゃないか
まだ、助けてくれる人がいるじゃないか
今はとにかく待て、盆明けまでゆっくり休め
あせっても何もならない。
そして診断士の結果もまだ正式に発表になっていないじゃないか
なぜ、今に時点で決め付ける
(いやこれはほぼ間違いないと思う。たった4点、一問分の点数が足らなくても、7科目中、一科目落とそうが、七科目全部落とそうが、私にとっっては全科目合格とならなければ負けなんだ。私にとって今回の試験は一発、真剣勝負として取り組んだんだ。負けは負け)
この1年、いろいろな人、そして、自分の努力の結晶
自分の努力などというなお前の努力なんか、何ぼのもんや
もういいんだ
しばらく飲んだくれてみるか
落ちるところまで落ちるか
馬鹿だな私は
私は
ほんとに馬鹿だ
馬鹿ならもっと馬鹿らしく生きてみろ
もっとまじめに馬鹿らしく生きるんだ

いったい自分は何のためにこんなことを書いている
あとで読み返すため
2006年8月10日 そのときの自分の気持ちをあとになって読み返すため、
今の私の暇を埋めるため
何かに向かっていないと何をしてよいのかわからず
それを紛らわすため
そんなことはどうでもいいか
もっとましな日記を書く積もりだったのに
いや、こんな日記もいいのかな
成功したときに読み返すんだ。
そうだよそうだよ
これから成功するために走るんだ
成功という表現が妥当かどうかは今考える余裕はないが、そうなんだ成功に向かって走るんだから今はどん底でも、底辺でもかまわないじゃないか!
成功を目指すんだ
なんて、このあたりでパソコンを切ろう。
また、あとで。
[PR]
by imakoso | 2006-08-10 12:12 | 雑想