人生の折り返し地点 泣くも笑うも自分の人生。 希望と千尋! おとうちゃんの生き方 見ていておくれ。


by imakoso
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

カテゴリ:ポリテク( 4 )

ポリテクでの6ヶ月、
本日、今をもって完全に終わり、さっき帰宅しました。

今日、修了式が終わり、お世話になった先生方や、同窓生の方々に対し、簡単な挨拶をさせていただいて
(ただ、一部数名の方には挨拶できなかったけど・・・申し訳ありません、この場をかりてお礼申し上げます。)
その足でハローワーク川本にも修了報告をし、帰宅したのは1時半ごろだった。

この6ヶ月間、仕事せず、ただ、勉強だけさせてもらい、父親としての役割ですら、しっかり果たしていない私に妻はそっと微笑みながら言ってくれました。

「ご苦労様でした」・・・と。

(なぜか思わず、心に “ズキン” と熱いものを感じました。)


そしてそれより前に希望は
私の帰りをずっと玄関の陰に隠れて待っていてくれていた?ようで顔を見るなり“ワッ”と笑顔を見せてくれました。

幸せです。ありがたいです。そして嬉しいです。
でも、すごく大声出して泣きたいぐらい自分に対して歯痒いです・・・

そして、いよいよ今年の後半戦の第一歩、残り人生の地固めの一歩を踏み出します。


《追伸》
ポリテクのロビーで、H君を待っていたとき
同窓生の彼女たちが笑顔でいいました。
「“いまじん” で採用してください・・・。」 と
どの方も、とても、素敵な笑顔でした
そして、1日も早く、そうなりたいと心に誓いました。
[PR]
by imakoso | 2006-06-28 14:35 | ポリテク

寝顔

可愛い。とにかく可愛い。
でも、今日もくたびれた~
眠くて眠くてしょうがない。
8/4.5 広島 ホテルの件 難航中
一畑の威信をかけてなんとかとって~
でも、可愛い寝顔、でもこの二人、
姉妹のくせに寝相が全く違う?
ところで、今これ、誰のこと?そしてなにについて書いてる?
支離滅裂とはこのことか

あ~やっぱり今日のホームページの発表も消化不良だ
伝えたいことの半分も伝えきってない
お前はいったいどうしたんだ
試験終わるまで駄目か
お前はそんな弱い・・・
いや

それにしても明日、いや、今日か、
ポリテク最後の日
精神的に助けてもらった
新たな出会い、ご縁も頂いた
そして、さまざまな環境の中でうごめいている世界の一端も垣間見た
机上だけの生半可な知識や、会社組織の中に居ては決してわからない

私が子供のころ、決して多くは語らなかった
親父から言われたことは
「ひとの痛みがわかる人間になれ」
「優しいという意味は人の憂いがわかることだ」
ということだけは何度か言い聞かされた記憶がある。
あれ、
やっぱり、自分は今いったい何を書きたいのかわからなくなってきている。

ポリテクノ直属の先生方、アイネットの先生方、本当にありがとう。
そして三嶋先生!
この45にもなるおっさん 泣かせるなよ

でも、ありがとう

ポリテク・・・私にとっては多分 今回が、最初で最後の修行の場

だって、もう、二度と絶対おふくろを泣かせたくないもん、
もう二度と秀ちゃんに心配をさせたくないよ

でも、今回ポリテクで出会った人、人、そして人は・・・
私にとって大切な人たちとなった
ありがとう
[PR]
by imakoso | 2006-06-28 01:04 | ポリテク
今、ポリテクのパソコンのデータ整理を済ませた。
ワード、エクセル、パワーポイント、ビルダー・・・先生からいただいた数々のデータ、資料・・・これら、ひとつひとつにほんとたくさんの思いがある。
ありがたかったな~
本当にありがたかった。
その分、やはりがんばらねばならない。

20年以上のわたり、会社組織の一員であり、それが当然のことだと思いながらも昨年、自ら人生を大きく転換させることを自ら選んだ・・・。
いろいろな方からの疑問の声、叱責、励まし、涙・・・
そんな時、精神面で支えになったひとつにここでのポリテクでの生活がある。
ただ、ただ、ありがとうといいたい。
[PR]
by imakoso | 2006-06-23 11:38 | ポリテク
さあ、いよいよホームページ&ブログ日記のデビューである。
まず、最初は何を書いてよいのやら・・・

では、まず手始めに
今年の1月11日よりお世話になったポリテク。
早いもので、この教室に来るのも、あと2週間あまりとなった。
本当にありがたかった。
パソコン操作の技術的なスキルにしても
(私のレベルでは、一人前にスキルといえるほどの格好?体裁?には程遠いと思うが)
しかし、パソコン関係の知識にしても、入校前と比べればその違いは歴然としている。
でも、なにより以上にありがたかったのは、そんな技能面や知識面だけではなく、いろんな面で心理的に苦悩していた私の気持ちになにか、“ほわっ”とやんわりとしたとても温かいものを感じさせてくれた、与えてくれたような気がしている。

うまく表現できないが、自ら決めた退職・・・
そして新しい人生への旅立ちを決意したうえで、入校させてくれたものの、
正直、気持ち的には、なぜかせつなさと無常感と複雑な気持ちが入り混じり、ただただ滅入ってしまう自分の気持ちを奮い立たせるのに精一杯であった。
今なぜ、自分がここにいるのか不思議に思えた一瞬もたびたびあった。信じられなかった。
組織の中にいるときは、その組織の一員として、また、チームのメンバーとして、またあるときはその中の一員であり、またあるときはリーダの補佐として、またあるときはそのトップとして・・・ただただひたすら突っ走ってきた。ただ我武者羅に。
生き方、哲学、経営、人間学、それらに共鳴できるひとのためなら、何でもできた。そしてやってきたという自負はいまだにある。それが自分の使命であり、それが自分の生きがいであり、それが社会人の責任であり、役割だと考えていたから。
だから組織を離れるというその日になるまで自分が、自分であってそして自分でなかったのかもしれない。
たぶん気持ちばかりが焦っていたように感じる。精神的に具茶具茶だったのだろう。
(ただ、ここに、その詳細はとても書ききれない・・・。それは自分自身の心の中にだけしまっておけば良いのだ。たぶん誰にもわからないだろう。
そして、わかってもらう必要もない。しかし、彼女にはわかってほしい。きっとわかってくれると信じている。)

さて、すこしというか、かなり当初の話のそれからそれてしまったが、そのポリテクでの生活も終盤になり、現在ホームページ制作の真っ最中である。

ありがたやありがたや、アイネットの三嶋先生には、いつもいつも懇切丁寧に教えてもらいながら、なんとか大枠ができつつある。ただ、真の中身はいよいよこれから。
でも、三嶋先生もほんとやさしく、真面目だ。ありがたい。アイネットのインストラクチャーいや、先生方はみんなほんと真剣で、まじめで一所懸命教えてくれる。

さあ~て、これから中身を盛り込んでいくことになるだろう。
まさしく、ここに、このページに、これからの自分の人生そのものを描写することになるのだ。
今は、あえて真っ黒のキャンバスにした。まだ、本当の自分の位置が見えないから。しかし、近い将来、いや5年以内には必ず、その気持ちもその環境も自分の心の表現としてこのホームページを真っ白なホワイトペーパーに色を塗り替え、思いっきり明るく楽しく自由に描きたい。

・・・残されたここでの時間、1分1秒を本当に大事にしながら過ごしたい。
だれにどう言われ様が、どう思われようが・・・自分自身の生き方に恥じない生き方ができれば、それで良いのだ。
楽な道を選ぶ人生より、たとえ、惨めな気持ちになっても、辛く苦しいときがあっても、絶対に妥協しない人生を・・・ 私は絶対にやり遂げなければならない、いや、絶対やり遂げるのだ。
そのことを私自身がひとつひとつ語らずとも、私の生の生き様を真に心を許せるひとだけに見てもらえば、それでいいじゃないか!imagineよ。

そして、希望、千尋たちが、いつも心に夢を持ち続け、そしていつもどんなときでも、希望と挑戦する気持ちを失わない生き方をしてくれれば最高じゃないか!

「がんばれ、がんばれ、とにかく死ぬまで、ひたすらがんばるのだ!」
[PR]
by imakoso | 2006-06-14 02:18 | ポリテク