人生の折り返し地点 泣くも笑うも自分の人生。 希望と千尋! おとうちゃんの生き方 見ていておくれ。


by imakoso
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

経済格差

やはり、昨日書いた日記は“オジャン”になっていた。
まさか、夜中の1時からメンテナンスするなんて~
(数日前から、このサーバをメンテするということは告知されていたようだ。確認していなかった私が悪い。これが、この世界のルールなのだ)
まったく!といってもしょうがない。
確かにアクセスが多い?日中よりも、夜中にメンテするほうが
見る側のことを考慮するやむ得ない・・・。
ところで、昨日書いていたことは、これからの自分のライフワークにもつながるので、記憶をたどりながら、記録に残しておきたい。
・・・・
さて、書き出しはどうだったかな?
そうそう・・・

それでは、昨日、正確には昨日の0時50分頃から今日の1時10分頃にタイムスリップ・・・
では、はじまりはじまり・・・

一昨日、昨日とポリテクの数名の方と学校が終わってからのことを話す機会があった。
といっても、内容は大半が就職口のこと、また、約、半年間一緒に勉強し、気心もわかってきたので、もう少し学校があればな~というような内容である。
その中で、就職、いわゆるこの周辺の求人状況であるが、やはり、厳しいというか、状況は非常によくないようだ。
先月来、05年~06年の中小企業白書を読み込み、各種経済指標等も分析する中で、日本経済全体また、一部好調業種が集中する地方においてはかなり景気は上昇傾向から安定回復ということだが、大半の地方はそこから取り残されている感もある。経済エコノミストがよく言う「都市と地方の経済格差」、乖離の状況が拡大しているのである。

確かに、私も、数年前企業側の立場で人の採用という仕事もしていた。あるときは企業の採用担当者として、またあるときは、企業の責任者として、人材の募集から採用までやった。当時のことを思い返せば、当然のこととして、採用する側は、企業側の論理で人を採用する。(これは私の持論だが、企業で働く社員は企業にとっての財産であるという思いから、人材の材は財産の財としている。また、一般的に言われている従業員という用語は使わず社員という用語を使うようにしている。)
にしても、やはり、今、どこの企業も本当に厳しい状況下で日夜経営に奔走していることと推察する。
しかし、私が見る限り、ここで一緒に勉強しているポリテク生徒の皆さんは、本当にまじめで、真剣で、前向きな方が多い。もし、私がもし、以前の立場であるなら~。

だからこそ、この地域、特に、島根、石見の経済の活力を底上げしなければならないのである。既存事業しかり、新規事業しかり、既存と新規の融合、産官学の連携・・・経産省との連携調整・・・・こんなことはこんな私が言わなくても、書かなくても、今現在も、この地域を愛する方たちも展開実施し、考えてもおられる。
また、少しずつ種をまき、芽が出て花開こうとする事業のこともちらほら耳にする。私もはやく、そんな同士の仲間に入れていただき、死ぬまでいろいろなことをやってみたい・・・

というような内容を書いていたと思う
ということで、少し拍子抜けした感もあるが、昨日の日記はこれぐらいの記録に止めておこう。

三嶋先生
「授業中にこの日記を書いているのですが、どうかお許し下さい。
また、話は変わりますが、おかげさまで、このホームページの基礎的な制作方法は何とかなりそうな気がしています。また、ワードやエクセルのこれまた初歩的なことから細かいことまで、いちいち質問して、ご面倒をおかけし申しわけありませんでした。
おかげさまで、必要最低レベルの技術は習得させていただいたような気がしています。本当にどうもありがとうございました。心より感謝しております。それとあわせて今までお世話になったアイネットの先生方にも感謝申し上げます。」
[PR]
# by imakoso | 2006-06-21 10:01 | 雑想

希望 学芸会で2番!

希望がこの前の"学芸会"?で表彰してもらったとの事。
(この写真がそうだったのか)
しかも、2番手、2位だとのこと。

確か全校生徒が、600~700人のマンモス校というからすごいぞ。
すごいぞ!のぞみ!
(それとも、先生方もだいぶ気を使ってくれたか?)
いや、そんなこた~ない。
良かった。
本当に良かった。と思う。
あの、希望の喜んでいる顔がもう目の前に見えるようだ。

希望や千尋にとって、この1年は
本当に大変貴重な年だったと思う。
たぶんいろいろな戸惑いもあったと思う。
苦労もあったろう。
でもよく頑張ったね。空港に着いたら、思いっきり抱きしめてあげたい。
また、私にとっても、大きな1年だった。
しかし、やはり、彼女たちが一番大変だったと思う
きっと、彼女たちにとって、これから生きていくうえでの
大きな宝物になると思う。
ほんとうに、よく頑張ったぞ、希望、千尋、そして、秀ちゃん。

未だに世間ではいろいろ面白おかしく言う方がいらっしゃるらしい。
まったく、信じられないような噂話を振りまいてる方々もいるようだが、
あまり気にしないほうがいい。
とにかくあとは、無事に、絶対無事に帰国してくれることだけを願う。
希望、千尋、秀ちゃん、元気な顔見せてくれよ。

父さんは、今からまた勉強だ。
希望には負けてられないもんな。

【秀ちゃん.希望&千尋 帰国まで あと 6日】
【第一次試験まで あと47日】
【第二次(筆記)試験まで あと125日】 ここまで辿り着け
【第二次(口述)試験まで あと181日】 もう少しだ!頑張れ
[PR]
# by imakoso | 2006-06-19 22:33 | 希望&千尋

エールを送る

先週の金曜夜から昨夜にかけて、今年2度目の怒涛の日々だった。
いろいろな考えさせられる週末でもあった。
固い決心で皆この人生をかけた大勝負だが、
今年の試験を断念したいと漏らした彼らに対し、
昨日までの私は、腹が立つやら、情けないやらでまともな思考ができなかった。

でも、昨夜は幾分ゆっくり睡眠が取れたおかげか、ちょっと落ち着いている。
彼らのことも冷静に考えると、この半年以上、
本当に悩みながら、考えながら、試行錯誤しながらよくがんばったね。と
やさしく告げたい。試験は今年だけではない。
来年もチャレンジできる。
ひょっとしたら私も来年再受験することになるかもしれない。
今の状況だとその可能性は非常に高い。ああ~

正直、私だって、何度逃げ出したくなったことかわからない。
でも、そんなときでも、
いつもそばで支えてくれる人がいる
こんな私でも信じてくれている人もいる
やさしく温かい言葉をかけてくれる人だっている
そして、真剣に怒ってくれる人もいる
また、涙を流してくれる人だっている
私の周りで無邪気に遊んでくれる人、
私がいつもと違う顔をしていると、心配そうに覗き込んでくれる人
いろいろ支えてくれる人がいるんだ。
・・・・・
本当に、私の周りには、決してたくさんはいないけど、
こんな、こんな私を助けてくれる人がいたから、
何とかここまでこれているのかも知れない。
だからがんばるのだ。
だから、前に進めるのだ。

今回、受験を断念した彼らに対しても、
今思えば、少しやさしい言葉をかけておけば、
また状況は変わっていたのかもしれない。
しかし、われわれは人生をかけているのだ。甘えてはいられない。
(やはり、お前は厳しすぎるぞ)

しかし、今は誰に何を言われても、思われてもいい
ひたすらがんばるのみ。
それがお前の進む道なんだ。
[PR]
# by imakoso | 2006-06-19 11:15 | 雑想
いま、ようやく我が家にたどり着いた
いやはや・・・
この2泊3日も勉強漬けだった。
頭の中がもうあっぷあっぷ。
昨日、一昨日覚えたことが
今にもこぼれ落ちそう~

それにしても・・・。
ショックだ。
とうとう今年に入って
同志が 2人・・・ ドロップアウト?
苦しいよね。ホンと苦しいよね。
私も正直逃げ出したいぐらいだ。
確かに今が一番辛いのは十分すぎるぐらいわかる。
この私も辛い
でも確かにわかるが

私にはそんなことは絶対許されない。
それは、愛する家族があるから、
ほんとに大事な家族があるから
でもそれは、家族の為にということではない
自分が一番愛する家族だから、そうしたい
おふくろ、秀ちゃん、希望、そして千尋
もうしばらく支えてね
てなこと言わなくても、
今、十分すぎるぐらい、支えてもらってる
だからって、私はさっきから何を書いてるんだ?
もう頭がぐるぐる状態
もう今日は寝るぞ~

あっそれからいよいよ来週の今日、
希望と千尋、そして秀ちゃんが戻る。
関空には2時頃ので、新幹線の時間、調べておこう。
希望や千尋は大きくなったろうな~
秀ちゃんはちょっとおばさんになったか?
ごめん、でも、おばさんでも、おねえさんでも
そんなことはどうでもいいんだ
秀ちゃんが、秀ちゃんなら

あっ、それから、8/4~5の広島ホテルの件、
一畑の松ちゃ~ん なんとか頑張ってくれ
まさか試験日が原爆式典とはな~
私もほとほと・・・。

よし、来週は気合をいれて頑張ろう。
ポリテクもあと来週1週間だ。
おやすみ

【秀ちゃん.希望&千尋 帰国まで あと 7日】
【第一次試験まで あと48日】
【第二次(筆記)試験まで あと126日】 ここまで辿り着け
【第二次(口述)試験まで あと182日】 もう少しだ!頑張れ
[PR]
# by imakoso | 2006-06-18 11:58 | 診断士
本来なら、今日はポリテクでお世話になった皆さんと浜田で一杯、いっぱいやる予定だった。
ところが、先々週だったか、急遽、X氏より、直前模試をやるということで、今日、今から広島へ・・・。
GWの3泊4日につづく第2弾で、今回は、2泊3日の勉強三昧だが、なんとか乗り切るべし。

たぶん、今年の受験生誰もが、今、一番辛いときだろう。
どうか、受験生のみんな、体だけは壊さず、大きな目標に向かって頑張るべし。

でも、今日は、正直、ポリテクの皆には、ほんと申し訳なかったな~。
できれば約半年間、一緒に苦楽を?ともにした仲間としてほんとゆっくり、飲み語りたかった。
特に幹事役の原田さんや長沢さんには本当に申し訳ないことをしてしまった。
私が、今日の件で、出席できなくなったことを告げたとき、長沢さんが可愛く残念がっていた表情は大変印象的だった。
(彼女も、ほんと素敵な女性だね・・・)私も単純な男か
でも、また、いつか、どこかで、ゆっくりおいしいものでも食しながら、話ができればいいと思う。
また、たくさんの先生がたにもお世話になりありがたかった。
あっ、いけないもう時間だ。中途半端な日記になったが、とりあえず、今日はココまで。
また、らいしゅう。
[PR]
# by imakoso | 2006-06-16 20:11 | 診断士
早い。とにかく早すぎる。
この時間の経過を、こんなに早く感じるのはなぜなんだ。
ただ、人間って(ひょっとすると私だけ?)
勝手なもので、早く過ぎて欲しいときもあれば、
全くその逆のときもあるもんな~。
希望や千尋の顔は1日でも早く見たいけど、
試験本番までは、せめて、もう3ヶ月、いや1ヶ月でいいから、時間が欲しい。
やはり、取っ掛かりが遅かった・・・。
と、こんなことを書いたところで、どうにもなるはずもない。
一分一秒、それこそ、細切れ時間を有効に使うしかない。
愚痴や弱音を吐いてる暇はない。
a0074325_18305159.jpg
(写真:千人を超える父兄の前で、不安そうな?緊張しているような?面持ち・・・
でも、のぞみ、よく頑張った。いいぞ。。。それにしても、舞台の遠見、背景が貧弱すぎる。1年間お世話になったので、秀ちゃんに、仮設用の緞帳幕、寄贈で手配させよう)





きっと、希望もたくさんの人たちが注目しているその前できっと、小さなその胸を、“ドキドキ” させながらがんばった。
その親父がなんで弱音が吐けようか! なに情けないこと言ってるか。
お父さんは、あんたたちがいてくれるからこそ、頑張られる。

でも誤解をしてはいけないよ、のぞみ
お父さんは、のぞみや千尋の為にとか、
家族の為にとかで頑張っているということではないよ。
それはね、逆に、のぞみや千尋、そして温かい家族があるからこそ、
お父さんは頑張れるんだよ。頑張りたいんだ。
そして、もっともっとのぞみの笑顔や千尋の笑顔が見たい。
わかるかな~のぞみ
だから、のぞみや千尋が大きくなったとき
自分の進む道は自由に決めるんだよ。

だから今、そう今のうち、まだまだお父さんに余力があるうちに、
今のお父さんができ得る限り、あなたたちの進める選択肢を
できるだけたくさん用意してあげたい。
そして、その中から選んで思いっきり自分の人生を切り拓いていくんだ。
でも、もし、その選択肢の中にあんたたちが進みたい道が無ければ、
それを選ぶ必要は無い。自分の選んだ道を進めば良いよ。
失敗してもいい。上手くやらなくたっていい。
挑戦して、一生懸命頑張って、そして、仮にうまくいかなくても、
そこで、何かを感じてくれればそれでいいんだ。
それから、お父さんのことやお母さんのことは心配しなくていいから、
お父さんには、お母さんがついているから心配しなくてかまわない。
自由に生きるんだ。
ということだからね。

だだ、のぞみ、この日記はお父さんが死んでから読むんだよ。
でも、まだ死ねないよな~、いや、まだまだやることがある限り、
死なないから心配するな。
【秀ちゃん.希望&千尋 帰国まで あと 9日】
【第一次試験まで あと50日】
【第二次(筆記)試験まで あと128日】 ここまで辿り着け
【第二次(口述)試験まで あと184日】 もう少しだ!頑張れ
[PR]
# by imakoso | 2006-06-16 04:08 | 希望&千尋

希望 初舞台で大活躍

秀ちゃんから嬉しい電話と写真数枚(それにしてもskypeはありがたい)
希望が小学校の学芸会?で大活躍。
なんと1,000人を超える子供の父兄や近所の人たちを前にして
中国のお姉さん(5~6年生)がたに混じって堂々参加。
(なんと桜江町の人口の約3分の1があの小学校の校庭に集結)
あの秀ちゃんも思わず感激したとのこと。
私も生で見たかった。
「希望 よく頑張った。
やっぱり、さすが、○○ちゃんの子だ。」
a0074325_18335843.jpg

(お父さんお母さんたちが家路にもどった後の校庭でお姉さん方と記念写真)
私も、その場にいたかった

それにしても皆可愛いね・・・でもやっぱり希望が一番。(親ばか丸出し)

さあ~て、今日はいい話も聞けたし、希望の元気な姿も見ることができたし
(いけない。ビデオ電話の手配、忘れてた。)

今日はゆっくり寝たい衝動にも駆られるが・・・
いや、気合を入れて、第2ラウンドのエンジンかけるか。

よし、今日は、今から明日の朝まで全快だ~
えいえいお~
【秀ちゃん.希望&千尋 帰国まで あと10日】
【第一次試験まで あと51日】
【第二次(筆記)試験まで あと129日】 ここまで辿り着け
【第二次(口述)試験まで あと185日】 もう少しだ!頑張れ
[PR]
# by imakoso | 2006-06-14 23:13 | 希望&千尋
中小企業経営・政策の2回目模試 今ようやくやり終えた。しかし、やればやるほど先が全く見えなくなる。ほんと真っ暗だ。これからの戦略、方向性を明日確認しよう。
兎に角、一手でも打ち間違えると取り返しがつかないような状況になってきた。
それにしても、なぜこうも難解試験?難問試験?なの?
昨年、一昨年の合格率が3~5%という理由が今頃になって合点がいくようになった。
(ちと手遅れか)でも、逆に考えれば、こんな難問でも600~700人のひとは合格の栄冠を勝ち取っているのだ。要はその中に自分も入ればよいのだ。
(ただ、受験者は13,000から15,000人といわれている???)
【秀ちゃん.希望&千尋 帰国まで あと11日】
【第一次試験まで あと52日】
【第二次(筆記)試験まで あと130日】 ここまで辿り着け
【第二次(口述)試験まで あと186日】 もう少しだ!後ろはない!!
[PR]
# by imakoso | 2006-06-14 03:08 | 希望&千尋
さあ、いよいよホームページ&ブログ日記のデビューである。
まず、最初は何を書いてよいのやら・・・

では、まず手始めに
今年の1月11日よりお世話になったポリテク。
早いもので、この教室に来るのも、あと2週間あまりとなった。
本当にありがたかった。
パソコン操作の技術的なスキルにしても
(私のレベルでは、一人前にスキルといえるほどの格好?体裁?には程遠いと思うが)
しかし、パソコン関係の知識にしても、入校前と比べればその違いは歴然としている。
でも、なにより以上にありがたかったのは、そんな技能面や知識面だけではなく、いろんな面で心理的に苦悩していた私の気持ちになにか、“ほわっ”とやんわりとしたとても温かいものを感じさせてくれた、与えてくれたような気がしている。

うまく表現できないが、自ら決めた退職・・・
そして新しい人生への旅立ちを決意したうえで、入校させてくれたものの、
正直、気持ち的には、なぜかせつなさと無常感と複雑な気持ちが入り混じり、ただただ滅入ってしまう自分の気持ちを奮い立たせるのに精一杯であった。
今なぜ、自分がここにいるのか不思議に思えた一瞬もたびたびあった。信じられなかった。
組織の中にいるときは、その組織の一員として、また、チームのメンバーとして、またあるときはその中の一員であり、またあるときはリーダの補佐として、またあるときはそのトップとして・・・ただただひたすら突っ走ってきた。ただ我武者羅に。
生き方、哲学、経営、人間学、それらに共鳴できるひとのためなら、何でもできた。そしてやってきたという自負はいまだにある。それが自分の使命であり、それが自分の生きがいであり、それが社会人の責任であり、役割だと考えていたから。
だから組織を離れるというその日になるまで自分が、自分であってそして自分でなかったのかもしれない。
たぶん気持ちばかりが焦っていたように感じる。精神的に具茶具茶だったのだろう。
(ただ、ここに、その詳細はとても書ききれない・・・。それは自分自身の心の中にだけしまっておけば良いのだ。たぶん誰にもわからないだろう。
そして、わかってもらう必要もない。しかし、彼女にはわかってほしい。きっとわかってくれると信じている。)

さて、すこしというか、かなり当初の話のそれからそれてしまったが、そのポリテクでの生活も終盤になり、現在ホームページ制作の真っ最中である。

ありがたやありがたや、アイネットの三嶋先生には、いつもいつも懇切丁寧に教えてもらいながら、なんとか大枠ができつつある。ただ、真の中身はいよいよこれから。
でも、三嶋先生もほんとやさしく、真面目だ。ありがたい。アイネットのインストラクチャーいや、先生方はみんなほんと真剣で、まじめで一所懸命教えてくれる。

さあ~て、これから中身を盛り込んでいくことになるだろう。
まさしく、ここに、このページに、これからの自分の人生そのものを描写することになるのだ。
今は、あえて真っ黒のキャンバスにした。まだ、本当の自分の位置が見えないから。しかし、近い将来、いや5年以内には必ず、その気持ちもその環境も自分の心の表現としてこのホームページを真っ白なホワイトペーパーに色を塗り替え、思いっきり明るく楽しく自由に描きたい。

・・・残されたここでの時間、1分1秒を本当に大事にしながら過ごしたい。
だれにどう言われ様が、どう思われようが・・・自分自身の生き方に恥じない生き方ができれば、それで良いのだ。
楽な道を選ぶ人生より、たとえ、惨めな気持ちになっても、辛く苦しいときがあっても、絶対に妥協しない人生を・・・ 私は絶対にやり遂げなければならない、いや、絶対やり遂げるのだ。
そのことを私自身がひとつひとつ語らずとも、私の生の生き様を真に心を許せるひとだけに見てもらえば、それでいいじゃないか!imagineよ。

そして、希望、千尋たちが、いつも心に夢を持ち続け、そしていつもどんなときでも、希望と挑戦する気持ちを失わない生き方をしてくれれば最高じゃないか!

「がんばれ、がんばれ、とにかく死ぬまで、ひたすらがんばるのだ!」
[PR]
# by imakoso | 2006-06-14 02:18 | ポリテク